読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こいしノート

エッセイ読むのも書くのも大好き人間です、小説も。 

フォークダンス大会

 こいし(私)は、フレークの缶詰が大好物、それも「星〇水産」のマグロ。ところが近くの店では扱っていない。なので、歩いて四十分ほどの市場へ買いに行く。今日もその目的で向かっていると、通り道にある体育館の入り口に「フォークダンス大会 入場無料」と、書いた立看板があった。無料に弱い、こいし、ちょっと覗いてみることにした。

観覧席の二階には出演者のだろう、手荷物が置いてあるだけで、観客はほんの数人だった。こいしは荷物から少し離れた席から、フロアを見下ろした。

そこには六、七十代に見える男女百人ほどが、大きな輪の中でペアを組んでいる。そして目と目をあわせ、取り合った両手を交互に上下させ、近寄ったり、離れたり、くるっと回ったりしていた。フレーズが変わると、パートナーが変わり、ステップしながら、左へ回り、また同じ動作だ。

こいしは、ふと

「老いらくの恋が芽生える? やもめ同士なら、微笑ましいが、そうでなければ、禁断の恋。それを家族が知ったなら? おお、恐ろしや、恐ろしや・・・・・・」

ダンスとは無関係な妄想に耽っていると、場内の監視員が、声を掛けてきた、不審顔で。

「知り合いの方、いらっしゃるのですか?」

物取り思われたら、心外だ。そこで

「いいえ、いません。若い頃から、興味がありましてね、それで見させてもらっています」

出まかせを口にした。

すると監視員、急に馴れ馴れしくなり

「そうなのですか、興味、おありですか。でしたら、例会に来られませんか? 月曜日の六時からで、場所は第九小学校でです。フォークは健康には最高ですよ、ぜひ、一緒にやりましょう。

 参加者はご覧のとおり、お綺麗な女性が大勢さんいます。汗をかいた後は『お疲れさま会』も、ありましてね、ビール片手に、わいわいがやがや、それはそれは楽しいですよ。

それと連盟の各支部が主催する、パーティーが毎月のように、ありましてね、私は気が合った女性と行きますが、もちろん、一人でも良いのですよ。知らない女性と手を取り合うの、それも新鮮ですよ」

と、甘い言葉でくすぐる。

 

 帰りははバスを利用し、その間、参加する、しないを考えていた。そのうち、あることを思い出し、遠慮することにした。思い出とは、こうである。

 中学の運動会で「オクラホマミキサー」と「マイム・マイム」を、踊らされた。その時、こいしの何人かのパートナーは、意図的に肩を組まず、手も握らない。それには相応の思いがあってだろうが、腹立たしかった。

「あらっ、あの男の子、女の子に嫌われているようよ。きっと、不潔な子なのね」

「そうみたいね。他の子は嬉しそうに、しっかり握っているのに」

観客席から、そんな会話が聞こえてきそう、逃げだしたい、三十分だった。

 

この歳になって再び、ここの女性にもされたら・・・・・・このことが頭を過ぎったのである。

でも「お疲れさん会」には、出席したいなあ。

 

 

f:id:sebuchi:20161109144754j:plain

 コスチュームで若返る? 

 

f:id:sebuchi:20161006202108p:plain

 クリック お願いします


にほんブログ村