読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こいしノート

エッセイ読むのも書くのも大好き人間です、小説も。 

猫額でも花いっぱい 隣のお家

近所にシルバービラがあって、そこの住人で車椅子に乗る女性と押す女性が、隣家の庭を目にして「ターシャの庭みたいね」とか、それに類似するような会話をよくする。  

 こいし、それを初めて聞いた時、本棚から「ターシャの庭」を取り出した。

    f:id:sebuchi:20170515155337j:plain 

 

 本には「ターシャの庭は六万坪」と、記載されている。それに比べ、隣家は普通車三台がやっと。だが、主婦のY江さんの花好きは、ターシャさんに負けないかもしれない。その証拠は、この庭。  

 f:id:sebuchi:20170515155718j:plain

 (西側から中心部)  

 f:id:sebuchi:20170515155805j:plain

 (東側から中心部)※こそ泥の被害にあった時、せめて外から窓が見えるようにと、お巡りさんから、注意を受けたそうな。

 

 本日は生ごみ収集日、それを置いて戻るさい、今日を盛りと咲く「モッコウバラ」のアーチの下でY江さん、昨年の落ち葉を小枝で掻き分けている。目的を尋ねると

「今、ここにいたトカゲが隠れてしまったの。何(なに)トカゲなのか知りたくって・・・・・・」 子供みたいな表情で言う。

 

そうしている間、庭の奥に目をやると「クレマチス」が色鮮やかに咲いている。近寄って見てみたい、そう頼むと

「どうぞ、どうぞ。だったら、お願い、褒めながら見てあげて・・・。そうすると、もっと元気になって、綺麗にもなるの」

 そういったことは聞いたことある。しかし、植物には耳がない、まさかである。でも、色白なY江さんの微笑んでの強い頼み、そうした。が、変化なし、当然だ。

 

 250余の種類もある、それぞれの特徴や経歴(※採取した場所や購入店、その時の状況)を、見ながら教わった後、疑問を尋ねた。

「T男さん(Y江さんの夫)も、クレマチスや、これらの花に声を掛けるの?」と。

すると

「ぜーんぜん・・・・・それどころか、お前が死んだら、芝生にして、そこに椅子を置いて、ビールを飲むって言うの、シンフォニーを聴きながら。自分の方が、長生きするんだって、一回り年上なのに・・・・・・。憎らしいこと言うでしょう」

 冗談ぽく、明るく答えた。

その雰囲気に、ついつられ

「こないだ一緒に飲んだ時『俺は病気の百貨店、いつ、どこで、ころっといくか分かんない。女房は病気知らずで、のほほん屋だから、百歳を超えるの間違いなし』って言ってたよ」

 こいしの話にY江さん、大笑い。

 

 その時、居間の窓から、T男さんが

「何の話で笑ってるの? こいさん(私、こいしの呼び名)上がってきなよ。コーヒー飲みながら、その面白そうな話、聞かせてよ」

 耳にしたY江さん、唇に人差し指を当てた。話を、どう摩り変える? 少々、悩む、こいしだった。

 

 

  Y江さんが選んだ、今咲く花のベスト5

  f:id:sebuchi:20170515160739j:plain f:id:sebuchi:20170515160823j:plain

   (デンドロビューム)      (ツボサンゴ)   

  ※枝の間で育成

 

  f:id:sebuchi:20170515161018j:plain f:id:sebuchi:20170516101814j:plain

  (コバノズイナ)        (ヤマボウシ)※黄色

               

   f:id:sebuchi:20170515161804j:plain f:id:sebuchi:20170515161919j:plain

   (エゴノキ)         (エゴノキの花びら)

 

  「※番外」 

       f:id:sebuchi:20170517101054j:plain

   Y江さんが、山で採取した「アケビ」 昆虫がいないので受粉 Y江さん 奮闘したそう それでもやっと これだけとのことです 秋のおすそ分け、楽しみ

    

f:id:sebuchi:20161006202108p:plain

クリック お願いします

 ↓ ↓


にほんブログ村