読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こいしノート

エッセイ読むのも書くのも大好き人間です、小説も。 

すぎたるは なお およばざるがごとし

健康であるには一日、八千歩のウォーキングだと専門家は言う。こいし(私)これを信じ、家から四方向に決め、朝夕、実行していた。

しかし、四日ごと見る風景に飽きあきし、それでは? を考え、来年(※平成28年)の新年を期して、都営地下鉄線の四路線の地上部を歩くことにした。そして実行、大江戸線から始め、三田線新宿線、浅草線を踏破した。(※詳細は下段の図を見てください)

 この歩数に日常生活のも加えると、四月末までに1,071,938歩となり、歩幅を30センチと見積るなら、およそ322キロ、歩いたことになる。(※一日平均、約9,000歩)

それからも、バスや私鉄沿線を歩き、紅、黄葉の季節には奥武蔵の山々に登った。

 

二月の初旬(※今年)足の付け根に痛みを感じたが、一過性だと思い、ほっぽっていた。しかし、日毎、緩やかだが増してくる。

昨年の暮れ、京都に住む画家から「アトリエに来ない? 面白い物がいっぱいあるんだ」と、誘われていた。新幹線もホテルも予約済みだったので、不安ではあったが向かい、もう最後になるだろう、仏野念仏寺(あだしのねんぶつじ)の水子地蔵にも逢ってきた。(※3月3日のブログ「おかあさん、なかないで」)

その頃は、もう痛くて痛くて、破行状態であった。

 

湿布薬を貼って、一週間、様子を見たが、一向に良くならない。そこで、渋々、総合病院の整形外科を訪問した。

「どうしました?」と医師。

「足の付け根が痛いのです」と、こいし。

「そうですか、それではレントゲンで、見てみましょう」

(※一時間後)

「レントゲンでは股関節に異常ないですね。何か運動していますか?」

「一日、八千歩、歩いています」

「いつからですか?」

「三年にほどになります」

「それが原因かもしれません。炎症による腫れや痛みを和らげる薬を処方しますので、二週間飲んでください。それでも痛いようでしたら、精密検査しましょう」

 

こいしは三年前に「僧帽弁及び三尖弁閉鎖不全症」の手術を受け、その後、六種類の薬を朝食後に服用している。それに加えて二種類が加わった。それを多目の水で飲むと、お腹がいっぱいになる。でも、朝食は事前に取る。

「何でですかって?」

その答えを、三十年も笑わせてもらっている「何でもフラメンコ」的に言うなら

「お腹がいっぱいなのにぃ、朝ごはんを食べるぅ・・・・・・なあーんでか、なあーんでか、それはね、薬を飲むため・・・・・・オーレイ」

 

 

f:id:sebuchi:20170326172204j:plain

日数と駅間です,クリックすると拡大されます 歩いた駅が少ないのは、迷ったからです

 

 

f:id:sebuchi:20161006202108p:plain

クリック お願いします


にほんブログ村